[境界設定]サブツールバーの各コマンドの使い方|0から学ぶCATIA V5

今回はスケッチャーワークベンチの[境界設定]サブツールバーに格納されている各コマンドの使い方を解説していきます。

[境界設定]サブツールバーには、[プロファイル]ツールバーのコマンドで作成したエレメントに対してトリム操作(延長、縮小、分割など)を行うためのコマンドがまとまっています。

このページでは以下の内容が学べます。


icon-check-square
[境界設定]サブツールバーについて

icon-check-square
[トリム]コマンドの使い方

icon-check-square
[分割]コマンドの使い方

icon-check-square
[クイックトリム]コマンドの使い方

icon-check-square
[円弧を閉じる]コマンドの使い方

icon-check-square
[補完]コマンドの使い方

 

今回は[境界設定]サブツールバーの中にある
コマンドの使い方を見ていくぞ

境界設定って聞くとなんか難しそうに感じますね
このツールバーにはどんなコマンドがあるんですか?
簡単にいえば選択したエレメントを
トリム
することのできるコマンドがまとまっているぞ
トリムっていうとサイズを調整する的な操作ですね
トリミングって言葉は聞いたことあります!
今回でてくるコマンドはどれも使用頻度は高めだから
ここでしっかりと使いこなせるようにしていこう!

 

[境界設定]サブツールバー

[境界設定]サブツールバーには任意のエレメントをトリムするためのコマンドがまとまっています。

[境界設定]サブツールバーは[トリム]コマンドの右下にある[icon-caret-down]をクリックすることで表示されます。(アイコンはこのサブツールバーで使用した最新のものになります)

 
[境界設定]サブツールバーには以下のようなコマンドが格納されています。

 トリム エレメントをトリムする
 分割 エレメントを任意の位置で分割する
 クイックトリム エレメントをワンクリックでトリムする
 円弧を閉じる 円、楕円を閉じる
 補完 円、楕円を補完する

以下ではこれらコマンドの使い方を順を追って解説していきます。

 

[トリム]コマンドの使い方

[トリム]コマンドでは選択したエレメントをトリム(延長、縮小など)することができます。

1. コマンドを実行

[トリム]アイコンをクリックします。
(メニューバー [挿入]>[操作]>[境界設定]>[トリム])


2. トリムするエレメントを指定

トリムするエレメントを選択します。


3. エレメントのトリム

トリムする位置、もしくはエレメントをクリックしてトリムする量を指定します。

3-1. 位置をクリック
位置(背景エリア)でクリックすると、クリックした位置でトリムされます。

3-2. エレメントをクリック
エレメントをクリックすると、そのエレメントと交差する部分でトリムされます。
エレメントを選択してトリムする場合は、[スケッチツール]ツールバーに表示されているオプションコマンドのどちらがアクティブになっているかで結果が変わってくるので任意で切り替えましょう。

[全エレメントをトリム]:両エレメントがトリムされます。(デフォルトではこちらがアクティブ)

[最初のエレメントをトリム]:初めに選択したエレメントのみがトリムされます。

 

[分割]コマンドの使い方

[分割]コマンドでは1つのエレメントを任意の位置で分割することができます。

1. コマンドを実行

[分割]アイコンをクリックします。
(メニューバー [挿入]>[操作]>[境界設定]>[分割])


2. 分割するエレメントを選択

分割するエレメントを選択します。


3.分割する位置を指定

エレメントを分割する位置、もしくは別のエレメントを選択します。
選択した位置、もしくは選択したエレメントとの交差部分で分割されます。

 

[クイックトリム]コマンドの使い方

[クイックトリム]コマンドでは選択したエレメントをワンクリックでトリムすることができます。

1. コマンドを実行

[クイックトリム]アイコンをクリックします。
(メニューバー [挿入]>[操作]>[境界設定]>[クイックトリム])


2. トリムするエレメントを選択

トリムするエレメントをクリックします。
クリックする位置、[スケッチツール]ツールバーのオプションコマンドによってトリムの結果が変わってきます。たとえば一番左の画像の位置をクリックした場合、各オプションコマンドでのクイックトリムの結果は以下のとおりです。

[分断および内側除去] → 分割してクリックした側を消す
[分断および内側保持] → 分割してクリックした側を保持する
[分断および保持]   → 分割して両側を保持する

 

[円弧を閉じる]コマンドの使い方

[円弧を閉じる]コマンドでは選択した欠けた円、楕円、スプラインを閉じることができます。

1. コマンドを実行

[円弧を閉じる]アイコンをクリックします。
(メニューバー [挿入]>[操作]>[境界設定]>[円弧を閉じる])


2. 欠けているエレメントを選択

欠けているエレメントを選択します。
※円、楕円、スプライン以外は選択できないようになっています。

 

[補完]コマンドの使い方

[補完]コマンドでは欠けた円、楕円を補完するための形状を作成することができます。
※補完とは足りない部分を補い完全体にすることを意味します。

1. コマンドを実行

[補完]アイコンをクリックします。
(メニューバー [挿入]>[操作]>[境界設定]>[補完])


2. 欠けた円/楕円エレメントを選択

欠けた円、楕円エレメントを選択します。
※欠けた円、楕円以外は選択できないようになっています。

 

まとめ

今回は[境界設定]サブツールバーのコマンドを使ったエレメントのトリム操作についての内容でした。

基本的には[プロファイル]ツールバーのコマンドを使って作成したプロファイルを調整を行いたい場合にしようするコマンドたちです。これらコマンドを使いこなせるようになることで、スケッチの作成、修正がより容易になります。

今回紹介したコマンドの中では特に[トリム]コマンドが重要かつ使用頻度も高いので、しっかりと押さえておきましょう。
  

【次回】[ミラーリング]コマンド([変換]サブツールバー)
【前回】[面取り]コマンド
スケッチャーワークベンチの目次へもどる

 

2020年3月22日0から学ぶCATIA V5, CATIA, スケッチャーワークベンチ

Posted by Lic