Excelの表から座標を取得し点を作成|CATIAマクロの作成方法

今回はマクロ案募集で頂いた内容です。
頂いた内容は以下のとおりです。

ワークベンチ: GSDワークベンチ

マクロ案: Excelの表からX,Y,Zの数値(小数点含む)を取得して、
      その数値を使い点を作成する事は可能でしょうか?

      また表ごとに形状セットを分けるため
              マクロ実行ごとに形状セットも作成したいです。

上記の内容と合わせて、こういったイメージというコードも記載されていました。
そのコードの内容から察するに、恐らくExcelの表は以下のようなテンプレになっていると思います。

今回はExcelの表が上のようなテンプレであること前提に、すべての座標を取得しCATIAで点を作成するサンプルマクロを紹介していきます。

 

マクロの機能

タイトルのとおり本ページで紹介するマクロの機能は
「Excelの表から座標を取得し点を作成する」というものです。

Excelに書かれている「X座標」「Y座標」「Z座標」という文字を読み取って取得する列を指定しているわけではなく、「B列」「C列」「D列」の値を取得するという処理を行っています。

そのためExcelファイルの方で1行ずれて記入した場合、うまくマクロが作動しません。
Excelファイルが上図と同じテンプレであること前提のマクロとなっているため注意して下さい。
(※B列にX座標,C列にY座標,D列にZ座標 それぞれの座標値は2行目以降に記入されているものに限る)

マクロの機能をまとめると以下のとおりです。

 icon-wrench マクロの機能まとめ ・選択したExcelの表から座標値を取得し、CATIAで同座標位置に点を作成
・作成する点の名前はExcelのA列に書かれている文字列
・作成した点はすべて新規作成される形状セットにまとまる
・新規形状セットはマクロ実行時にアクティブな形状セットの中に作成される
  (パーツボディーがアクティブの場合はツリーの第一階層に作成される)
・新規形状セットの名前は選択したExcelのファイル名
テンプレ内容を変更したい場合は
以下で紹介するコードを少し書き換えれば対応できますよ!

 

サンプルコード

マクロのコードは下記のとおりです。
マクロを実行すると「ファイルを開く」ウィンドウが立ち上がります。
ここで開いたExcelファイルの表を読み取りCATIA内で点を作成します。

 

コード解説

本マクロのコードを上から順に部分ごとにわけて解説していきます。
※コード内でもコメントで解説をしているのでそちらも参照ください。
 

アクティブドキュメントの定義

まずはじめにアクティブドキュメントの定義をします。
今回のマクロはCATPartでのみ有効なものなので、アクティブドキュメントがCATPart以外の場合はTypeName関数を使った条件分岐でマクロを終了するようにしています。

条件分岐の先、つまりはアクティブドキュメントがCATPartの場合は変数「DOC」にアクティブドキュメントを代入します。

あわせてアクティブドキュメントのPartも変数「PT」に代入します。
 

Excelの定義

CATIAマクロ上でExcel VBAを使用できるようにExcelを定義します。
上記コードでExcelが定義できない場合は、参照設定がされていない可能性があります
詳しくは下記ページの「Excelマクロのライブラリを読み込む」の項を一読ください。

 
Excelを定義後は「GetOpenFilenameメソッド」を使って、
出力元となるExcelファイル(ブック)をユーザーに選択させ、変数「WB」として代入します。

変数「WB」を定義したら、WBの1つ目のシートを変数「WS」に代入します。
このWSに書かれている座標値をもとに点が作成されます。
 

作業オブジェクトの取得/形状セットの作成

作成した点をひとまとめにするための形状セットを作成します。

まずは形状セットをどこに作成するかを決めるため作業オブジェクト(アクティブ状態のオブジェクト)を取得します。

作業オブジェクトは「PT.InWorkObject」で表すことができます。
この作業オブジェクト以下に「HybridBodiesコレクション」の「Addメソッド」を使って形状セットを新規作成します。

このとき、作業オブジェクトが形状セットの場合はその形状セット内に
形状セットでない場合はツリーの第一階層(PT直下)に作成するように条件分岐させています。
 

座標の取得/点の作成

座標を取得し、点を作成という処理を繰り返すためループ文を使います。

まずは何回ループを回すのかを考えます。

上表の場合、ループとしては2行目~11行目までを行いたいです。
これをループ文としてあらわすと「For i = 2 To 11 ~ Next i」となります。

ただ、始まりが2行目なのは決まっているのでいいですが、終わりが11行目とは限りません
という訳で値の入っている一番下のセルを取得し、その行を取得します。

 icon-code [Excelマクロ] 値のある一番下の行数を取得(A列)

Cells(Rows.Count, 1).End(xlUp).Row

値のある一番下の行を取得するには上記のコードを使用します。
Excelマクロではよく使う構文なので詳しく知りたい方は検索してみて下さい。

上記コードで取得した行数を整数型の変数「MaxRow」に入れておきます。

あとはこの変数を使って「For i = 2 To MaxRow ~ Next i」とループを回せば値のあるすべての行を順に処理していくことができます。

ループの中身は値の取得と点の作成だけの単純なコードなので解説は割愛します。
(簡単な説明はコード内のコメントを確認ください)

 

まとめ

今回はExcelに書かれている座標を取得しCATIA内で点を作成するマクロについての内容でした。

基本的な処理の考え方は今回説明した内容でいいと思うので、あとは自身の環境に合わせて書き換えていく必要があると思います。

たとえば今回の場合Excelファイルの書き方は決められており、少しでも間違っているとエラーが発生しマクロが正常に動作しません。

使う環境や場合を考え、自身でカスタマイズすることでより深くVBAを学ぶこともできると思うのでぜひ勉強を続けて下さい。

 

目次へ戻る
 

icon-book CATIAマクロを本気で勉強するなら

 

 

 

CATIA, CATIAマクロ

Posted by Lic